Date: 2007-04-21
Tags: zope, plone

InstanceManagerでZope/Plone環境自動構築

先日の Zope Essentials 6 で仕入れたネタ InstanceManager を試してみました。 InstanceManagerはeasy_installで一発インストールできますが、その後の設定がけっこうめんどくさかったです。しかし、設定さえ出来てしまえば、同じ環境をなんどでもコマンド一発で再構築することが出来ます。

とりあえずインストール。Ploneのサイトからもダウンロードできますが、けっこうバグ修正が進んでいるようなので、easy_installを使うかリポジトリから取ってくるのが良いでしょう。

easy_install instancemanager

c:>easy_install instancemanager
Searching for instancemanager

Best match: instancemanager 1.0rc.dev-r36992

Installing instancemanager-script.py script to C:DevelopPython24Scripts
Installing instancemanager.exe script to C:DevelopPython24Scripts

Installed c:developpython24libsite-packagesinstancemanager-1.0rc.dev_r36992-py2.4.egg
Processing dependencies for instancemanager

無事終わりました。次に一度、空起動します。INSTALL.txtによると、空起動によりホームディレクトリに.instancemanagerが作成され、そこにあるuserdefaults.pyがデフォルト設定を行うファイルになるようです。

instancemanager

c:>instancemanager
usage: Usage: instancemanager [options] [multi-action] <project>
multi-action: default ones are 'fresh' and 'soft'.
project: the name of the project, available projects are:
You can look at userdefaults.py to change
instancemanager to your local config.
Or run instancemanager again with <project> and <action>.

ずらずらーっとusageが表示されますが、とりあえず無視してホームディレクトリ/.instancemanager/userdefaults.py を編集します。ここまでの実行はWindowsで行いましたが、Windowsだと色々と問題があるので、続きはUnixでやることにします。

うまく環境が構築できると、以下のコマンド一発でPloneの環境が添付画像のように構築されます。

instancemanager fresh

% instancemanager fresh testproj

つ・づ・く

../../_images/20070421_contact.jpg ../../_images/20070421_instancemanager.jpg