Date: 2007-11-09
Tags: windows, web

IISとファイルの暗号化ではまる

WindowsXPなどでファイルのプロパティーから 内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する よう設定できる。ノートPCのあるフォルダ以下はこの設定になっていて仕事関連のファイルを置いていたりするんだけど、ここで作成したindex.htmlをサーバーのWeb公開用フォルダに複製したら、暗号化設定付きのまま複製されたらしく、このindex.htmlファイルをWebブラウザで閲覧しようとするとブラウザの認証ダイアログが表示されてしまった。

まとめると、

  1. IISで公開するファイルに暗号化設定する

  2. このファイルにAnonymousでアクセスすると認証ダイアログが表示される

こうやってまとめてみると、アヤシイ閲覧者(Anonymous)に暗号化してあるファイルを見せない、という至極まっとうな現象なんだけど、自分としては ノートPCからコピーしたファイルはIISで公開できない という現象にしか見えなかったので、1時間くらい悩んでしまった。こういうのって、IIS使いの人には普通の事なのかなあ‥‥。

../../_images/20071109_encryption.png