Date: 2008-04-05
Tags: it-pc

ThinkPad X61s(15th Anniv)の無線LANモジュールを自力で交換してみた

ThinkPad X61s(15th Anniv)の修理申し込み - 清水川Web (4/2) で申し込んだ翌日(4/3)の午前中に確認の電話が来た(素早い対応+1)。電話で本体の引き取り修理と、無線LANモジュール(mini-PCI)送付どちらがよいかと聞かれたので、ぜひモジュールを送って下さい!と回答(対応の幅の広さ+1)。公私ともメインなPCが1週間前後手元にない状況はかなりキツイので。。

さらに翌日(4/4)の午前中に自宅に届いていたらしいけど、金曜日は当然仕事なので土曜日に再配達してもらう。

さらに翌日(4/5)の今日、モジュールが届いた。ペリカン便だった。送り主はアイビーエム。Lenovoじゃないんだね。そういえば電話応対してくれた人もアイビーエムを名乗る日本人女性だった。ウワサによるとDELLのサポートは日本語が難しいらしい。

で、さっそく入れ替えようとして、アクセスパネルではmini-PCIを交換できないことが発覚。送られてきたモジュールには交換方法なんかは同梱されていなかったので、紙の本体マニュアルを読んでみたところ、本体カバーを開けて交換する必要があるらしい。詳しくはオンラインマニュアルを読んで下さい、ってもうPC電源落としちゃったんですけど!まあいいや、開ければ分かるだろう。

ねじを外したら苦労せずにカパッっと外すことが出来たので、mini-PCIのネジを外して交換。油断してネジ山を削ってしまって、泣きそうになりながらペンチやらニッパーやら経の小さいドライバーやらで悪戦苦闘したあげくなんとかネジを外すことに成功、というようなトラブルはありつつも、交換自体は10分くらいでおわりそうなくらい簡単だった。モジュールを差し替えて、無線LANアンテナとの接続を繋ぎ直すだけ。ネジとの格闘は30分くらいだった><

交換の結果、ネジ山がつぶれて、MACアドレスが変わって、WindowsVistaが2つめの無線LANデバイスとして認識している事以外は特に問題なく使えているっぽい。サスペンド・レジュームをなんどか繰り返してみたけど、いまのところ無線LANが死ぬ現象は再現していない。交換したデバイスは1ヶ月以内に返送すればいいらしいので、1週間ほど様子を見てみることにしよう。

ところで、mini-PCIポートはもう一つ空きがあるようにみえる。Felicaとか読むヤツ売ってないかな?

../../_images/20080405_broken_minipci.jpg ../../_images/20080405_note_open.jpg ../../_images/20080405_received_minipci.jpg ../../_images/20080405_received_minipci_box.jpg ../../_images/20080405_removed_minipci.jpg