Date: 2009-09-05
Tags: web

DeliveranceでOSWDのデザインをTwitter.comに適用してみた

Zope/Plone勉強会3 でDeliveranceを使ってデザイン適用をちょっと練習してみた。

デザインは Open Source Web Design から取得した SilverGlow 。適用サイトは今回はTwitterにしてみました。 ルールファイルとなるdeliverance.xmlに書いたルール部分は6行です。

deliverance.xml:

<ruleset>

  <server-settings>
    <server>localhost:8000</server>
    <execute-pyref>true</execute-pyref>
    <dev-allow>127.0.0.1</dev-allow>
    <dev-user username="admin" password="admin" />
  </server-settings>

  <proxy path="/_theme">
    <dest href="{here}/../theme" />
  </proxy>

  <proxy path="/" >
    <response rewrite-links="1" />
    <dest href="http://twitter.com" />
  </proxy>

  <theme href="/_theme/theme.html" />

  <rule>
    <append content="ul.about" theme="children:#about" />
    <append content="div.stats" theme="children:#stats" />
    <append content="#following" theme="children:#following" />
    <replace content="div.section || div#content" theme=".right_content" />
    <append content="h2.thumb img" theme="#about h4" />
    <replace content="children:h2.thumb" theme="children:.block_right" />
  </rule>

</ruleset>

あとはthemeのcss/htmlを数行書き換えて完成。1ページくらいなら簡単にできました。

DeliveranceとSphinx生成ドキュメントってとっても親和性が高い気がする。SphinxやPloneに独自Skinを適用しようとがんばるよりもDeliveranceのルールを覚える方が楽ではある。実際の運用まで考えるとまだ色々ひっかかるケドね。

../../_images/deliverance_20090905.png