Date: 2014-01-17

Docker公式リポジトリでTrustedビルドimageを作成する手順

Python mini Hack-a-thon 雪山合宿 に来てます。現在1/17 26:50。

Dockerでimageを作って公式リポジトリに登録したので手順メモを書きました。

前提条件

  • Dockerを動かす環境はVagrantで構築

  • Vagrant: 1.4.3

  • OS: Ubuntu-12.04 LTS

  • Docker: version 0.7.6, build bc3b2ec

Vagrantを起動する

Vagrantfile:

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "ubuntu-12.04-x64"
  config.vm.box_url = "http://files.vagrantup.com/precise64.box"
  config.vm.provision "docker"
end

vagrant up:

$ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
[default] Importing base box 'ubuntu-12.04-x64'...
[default] Matching MAC address for NAT networking...
[default] Setting the name of the VM...
[default] Clearing any previously set forwarded ports...
[default] Fixed port collision for 22 => 2222.
[default] Clearing any previously set network interfaces...
[default] Preparing network interfaces based on configuration...
[default] Forwarding ports...
[default] -- 22 => 2222 (adapter 1)
[default] Booting VM...
[default] Waiting for machine to boot. This may take a few minutes...
[default] Machine booted and ready!
[default] Mounting shared folders...
[default] -- /vagrant
[default] Running provisioner: docker...
[default] Installing Docker (latest) onto machine...

Dockerfileを用意する

Vagrantfileと同じディレクトリにDcokerfileを用意します。

Dockerfile:

# Ubuntu 12.04 LTS and Python 2.4, 2.5, 2.6, 2.7, 3.1, 3.2, 3.3, pypy
FROM ubuntu:12.04
MAINTAINER Takayuki SHIMIZUKAWA "shimizukawa@gmail.com"
RUN apt-get install -qq -y python-software-properties
RUN add-apt-repository ppa:fkrull/deadsnakes
RUN add-apt-repository ppa:pypy/ppa
RUN apt-get update
RUN apt-get install -qq -y \
    python2.4 \
    python2.5 \
    python2.6 \
    python2.7 \
    python3.1 \
    python3.2 \
    python3.3 \
    pypy

Dockerイメージをビルドする

VM環境にログインしてdocker buildします。

/vagrant/ ディレクトリがログイン前のVagrantfileとDockerfileがあるディレクトリをマウントしているので、/vagrant/ で実行します。

ビルドするときに任意のリポジトリ名を設定しておいて、あとでIDではなく名前で扱えるようにします。 リポジトリ名には ユーザー名/リポジトリ名 の書式で好きな名前を指定します。とりあえずユーザー名を省略して python-all というリポジトリ名にしておきます。

docker build:

$ vagrant ssh
vagrant@precise64:~$ cd /vagrant/
vagrant@precise64:/vagrant$ sudo docker build -t python-all .
Uploading context 81.92 kB
Uploading context
Step 1 : FROM ubuntu:12.04
Pulling repository ubuntu
8dbd9e392a96: Pulling image (12.04) from ubuntu, endpoint: https://cdn-registry-8dbd9e392a96: Download complete
 ---> 8dbd9e392a96
Step 2 : MAINTAINER Takayuki SHIMIZUKAWA "shimizukawa@gmail.com"
 ---> Running in 661cd7d9d425
 ---> ef6acb3727da
Step 3 : RUN apt-get install -qq -y python-software-properties
 ---> Running in ef86eede816b
 ---> d161837ff918
Step 4 : RUN add-apt-repository ppa:fkrull/deadsnakes
 ---> Running in 5d733ed86ac0
 ---> 23219187c053
Step 5 : RUN add-apt-repository ppa:pypy/ppa
 ---> Running in a2db781064c8
 ---> 7a703485a57a
Step 6 : RUN apt-get update
 ---> Running in b9e3664bb265
 ---> fdf62b5cbfd8
Step 7 : RUN apt-get install -qq -y    python2.4    python2.5    python2.6    python2.7    python3.1    python3.2    python3.3    pypy
 ---> Running in c16bd95ffe23
 ---> 584371a86c76
Successfully built 584371a86c76

(長いのでだいぶ省略しました)

これでPython-2.4から3.3までをインストールしたイメージ 584371a86c76 ができあがりました。

docker images:

vagrant@precise64:/vagrant$ docker images
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             VIRTUAL SIZE
python-all          latest              584371a86c76        57 seconds ago      450.9 MB
<none>              <none>              67de15d531a5        3 hours ago         223.7 MB
ubuntu              12.04               8dbd9e392a96        9 months ago        128 MB

python-all を使ってコンテナを起動します。

docker run:

vagrant@precise64:/vagrant$ docker run -t -i python-all /bin/bash
root@e94fcf40e739:/# compgen -c python
python3.3
python3.1
python3.3m
python3.2mu
python3.2
python2.6
python2.4
python2.5
python2
python2.7
python

インストールされてました。起動とか確認して大丈夫そうならDockerfileの内容はOKでしょう。

githubに登録する

index.docker.ioにTrustedイメージとして登録するには、Dockerfileを含むリポジトリをgithubで公開しておく必要があります。ということで作成したVagrantfileとDockerfileをdocker-python-allという名前で登録しました。

とりあえずgithubにdocker-python-allというリポジトリを作成。

Vagrantの母艦の方でgitにコミットしてgithubにpushします:

$ git init
$ git add Vagrantfile Dockerfile
$ git commit -m "initial"
$ git remote add origin https://github.com/shimizukawa/docker-python-all.git
$ git push origin master

index.docker.io でビルドする

Share Images via Repositories に書いて有るとおりです。

  1. Docker Index account を作成してログイン

  2. アカウントメニューでGitHubアカウントを関連づける

  3. Trusted builds ページで Add New して設定画面へ

  4. 対象のGitHubプロジェクトを選ぶ(この例ではshimizukawa/docker-python-all)

  5. Default Branchをmasterを入力(デフォルト値です)

  6. Repo NameにDockerで使うリポジトリ名を入力。デフォルトはGitHubのリポジトリ名docker-python-allが入力されているが、 shimizukawa/python-bulid にしたいのでちょっと書き換える。

  7. Docker Tag Name はlatestのまま。

  8. Dockerfile Location はさきほどgitリポジトリの / に保存したので / のまま。

../../_images/dockerio.png

Trusted builds 設定画面

設定が終わるとサーバーのリソースが空き次第、docker buildが実行されてimageが作成されます。

../../_images/docker-builds.png

Trusted builds ステータス画面

ビルドを待ってる間にimageの説明文を設定しておきます。上記のステータス画面で Docker Repo にあるリンクから shimizukawa/python-all に遷移してSettingsタブでDescriptionを設定しておきます。これはあとで docker search したときに表示されます。

しばらくして Trusted builds ステータス画面でStatusがDoneになれば完了。

docker search と docker pull

Vagrant環境で、dockerリポジトリのイメージを検索してみます。

docker search:

$ vagrant ssh
vagrant@precise64:/vagrant$ docker search python-all
NAME                     DESCRIPTION                                     STARS     OFFICIAL   TRUSTED
shimizukawa/python-all   Ubuntu 12.04 LTS and Python 2.4, 2.5, 2.6,...   0                    [OK]

はい。TRUSTED、OK。

docker pullして使います:

vagrant@precise64:/vagrant$ docker pull shimizukawa/python-all
Pulling repository shimizukawa/python-all
dd6848c8a762: Pulling dependent layers
8dbd9e392a96: Download complete
dfd192db4c11: Download complete
2064c6fb055e: Download complete
...

docker run:

vagrant@precise64:/vagrant$ docker run -t -i shimizukawa/python-all /bin/bash
root@e94fcf40e739:/# compgen -c python
python3.3
python3.1
python3.3m
python3.2mu
python3.2
python2.6
python2.4
python2.5
python2
python2.7
python

問題なさそう。

他のDockerfileを作る時に FROM shimizukawa/python-all とすれば、このコンテナを元に環境を作ることが出来るので便利。