Date: 2018-08-25
Tags: python, pycon, pycon jp, pycamp

Python Boot Camp in 京都で講師してきました #pycamp

Python Boot Camp in 京都 に行ってきました。

参加者22名、講師1・TA4・スタッフ3名、合計30名が参加しました。会場は 株式会社Hatena 京都オフィス をお借りしました。

../../_images/attendees6.jpg

参加者のみなさん(開始時)

公式の開催レポートは 「Python Boot Camp in 京都」を開催しました! を参照してください。

参加した感想、雑感など

自分が講師をしたのは、前回が 静岡 、今回の京都が講師5回目です。

進行速度

今回は、 徳島 と同日開催だったので、進行速度の違いがよくわかりました。徳島よりだいたい30分遅れで進んでいた感じ。毎回スクレイピングが駆け足紹介になってしまうのが課題ですが、質問がたくさん出たのでしょうがないかなーという気持ちです。

講義は17時20分に終えたけど、もうちょっと前半を急ぐべきかも。毎回思って実践できてないけど。集合(set)の説明と正規表現(re)の説明を飛ばすのは定番になってきました。自学できるように講義資料には載せたままでよさそう。

時間がかかるところ

ここはやっぱり時間かかるよね、というのが、「Pythonの起動と終了」「fizzbuzz.pyを作成して実行」「venvを作ってactivate」の3つ。講師を何度かやっていて分かってきました。

起動終了は、OSのコマンドラインを起動したり、OSのプロンプトとPythonのプロンプトを見分けたりするところで時間がかかるのと、Pythonの起動で python なのか python3 なのか混乱が起こる。

fizzbuzz.pyの作成は、初めてPythonファイルを作成するときに「どこに作るのか」「拡張子が見えない」「エディタで編集?」というあたりが難しい感じ。実行するときは「カレントを作ったディレクトリに移動」「python を付けずに fizzbuzz.py とだけ書いて実行しちゃう」「文法エラーが起きたけどどこが間違えているか分からない」などがある。特にtypoや閉じ括弧の数が合ってない系の間違いは講師TAも原因を見つけづらいときがあって、時間がかかります。

venvの作成とactivateは、概念を把握するのに時間がかかるのと、OSごとのコマンドの違いが大きくて、今はWindowsでcmd.exeとPowerShellの2種類の環境があるのも教えるハードルになってます。PowerShellで Activate.ps1 を実行するにはポリシー変更がいるし。

このへんのハードルを事前に解消するような小さいチュートリアルを用意するといいのかなあ。

質問

今回、会場からたくさんの質問がでて、多めに時間を割いたと思います。

質問された内容をSlackに書いておけばよかった。何を聞かれて何を答えたか、だいたい忘れちゃった。

おわりに

イベント後に、夫婦で参加した方が「『独学プログラマー』を読んで勉強してたので今回のPyCampに参加するのが楽しみだった」と話してくれたのがとても嬉しかった。PyCon JP 2018にも参加するらしいので、楽しみ。そういえば、今回のPyCampでは PyCon JP 2018に参加するっていう人がけっこういました。PyCampやPyConをきっかけに人や何か色々なことが繋がっていけば、イベント開催してきた甲斐があるなと改めて思った。

移動

今回は愛知の妻の実家から移動。三河安城->京都 で50分。まあまあ近い。名古屋で乗り換えました。

新幹線の スマートEX に登録しておけばSUICAで新幹線乗れたのにー、と 静岡 のときに思ったので、今回は実際にやってみました。サイトでチケット買ってSuicaで新幹線乗れた。便利。

紙が要らないし、履歴が残るのは精算の面でも楽で良い。

スタッフミーティング

10:30に会場の Hatena オフィスに集合だったけど、10分遅れで開場。 スタッフのゆーたろーが Apple Store 京都の開店イベントに行ってきた からなんだけど、まあしょうがない。このために前日のうちに設営だいたいやってくれてたので、準備はあんまりやることがなかった。

../../_images/junbi.jpg

会場設営後に、スタッフランチ。ゆーたろー近所の美味しいお店を予約してくれてた。 どれも美味しそうな感じで、メニューとにらめっこしてた全員が親子丼を注文。

スタッフランチミーティングでは、ご飯を食べながら自己紹介したりしました。

Python Boot Camp 本編

../../_images/attendees6.jpg

参加者のみなさん(開始時)

おやつタイム

../../_images/snack-time1.jpg

抹茶コルネッタ 、京都っぽい。

集合写真

../../_images/gathering.jpg

集合写真~~ みなさんお疲れ様!

懇親会!

10人で 懇親会 へ!

../../_images/kanpai1.jpg

カンパイ!

../../_images/nabe.jpg

鶏鍋

2次会!

おまけ

Hotels.com で予約したけど、受け付けもなにもない、民泊っぽい感じ。見た目は10室あるマンション。事前に届いた暗証番号で入室する。チェックイン時間とか気にしなくて良いので気楽なんだけど、Google Maps に「閉業」って表示されてたときはさすがに焦った...

次回

次のPyCampは山形で9/8に開催、講師は寺田さんです https://pyconjp.connpass.com/event/89157/

自分は、その次の回、9月末に沖縄で講師をします。PyCamp沖縄、参加申込みはこちら! https://pyconjp.connpass.com/event/96844/

注釈

"Python Boot Camp" は、 一般社団法人PyCon JP が日本各地で開催している、 初心者向けPythonチュートリアルイベント です。 今回の京都で `15回目`_ の開催です。 チュートリアルのテキスト は公開されていて、ライセンスに従って自由に利用できます。詳しくは Python Boot Camp について を参照してください。

現地スタッフになってくれる人がいれば、講師に行きますので、 申込みフォーム からひご連絡ください!