Date: 2014-6-21
Tags: python, sphinx

Sphinxメンテナ日記: autosummaryは便利だね

前置き: チケット対応した内容のメモです。このエントリを読むと、Sphinxのautosummary機能が便利だと思うかもしれません。前置きおわり。

i18nサポートをプロジェクトに追加したらsphinx-buildが壊れた

Issue #1434: sphinx-build breaks after adding i18n support to project

再現せず、保留。

make gettext でエラーが起きるようになったっぽい。チケットには書いてないけど、 pgrouting というプロジェクトのドキュメントで make gettext したらエラーになったということらしい。Sphinx-1.1.3とPython2.7で動作確認したけど再現しなかった。プロジェクト側で修正したのかな。

せめて、入力したコマンドと、公開プロジェクトならドキュメントのURLなどもらえると解決が早いんじゃ無いかと思いつつ、9ヶ月放置されてたチケットなので申し訳ない気もしつつ。

rubricディレクティブがgettextの対象になっていない

Issue #1305: Add .. rubric:: to the list of special cased nodes for gettext.

直ってた。pull request もらったのを2013年9月にマージ済みで、2013年12月のSphinx-1.2に修正が含まれてたけど、2014年1月にマイルストーンをSphinx-1.3に設定してた。

マージしたのもマイルストーンを設定したのも自分だというのが泣ける。

autosummaryがネストしたクラスを正しくドキュメント化できない

Issue #1441: Nested classes and autosummary

sphinx.ext.autodoc でinner classのドキュメント化に対応してるのに sphinx.ext.autosummary でバグっててinner classをうまく処理出来てない問題。

以前、autosummaryの別のバグ #1444 autosummary does not create the description for descriptor attributes を修正したのと同様、autodocで出来ていることがautosummaryで出来ていない、という問題だった。autosummaryとautodocで似た別の実装あるのやめて...

ところで、autodocやautosummaryはSphinx内部でreSTファイルを生成しているけど、実際にはファイルに書き出していないものもあるので、デバッグするときは sphinx-build-vvv オプションを渡すと良い。内部でどんなreSTが生成されているかコマンドラインに表示される。

issue1441の確認のために作ったファイルの場合以下のようになる:

conf.py:
# -*- coding: utf-8 -*-
import sys
import os

sys.path.insert(0, os.path.abspath('.'))

extensions = ['sphinx.ext.autodoc', 'sphinx.ext.autosummary']
master_doc = 'index'
project = u'issue1441'
version = release = 'issue1441'

exclude_patterns = ['_build']
html_theme = 'default'

autosummary_generate = True
autodoc_default_flags = ['members']
index.rst:
Welcome to issue1441's documentation!
=====================================

.. autosummary::
   :toctree: generated/

   foo
foo.py:
"""foo module

.. autosummary::

   outer
   outer.meth
   outer.inner

"""

class outer(object):
    "outer class"

    def meth(self):
        "this is outer.meth"
        return 1

    class inner(object):
        "inner class"

        def meth(self):
            """this is outer.inner.meth

            some description for *meth* method.
            """
            return 1
console:
$ sphinx-build -T -vvv  . _build/html
...
[autodoc] => <unbound method outer.meth>
[app] emitting event: 'autodoc-process-signature' ...
[app] emitting event: 'autodoc-process-docstring' ...
[autodoc] output:

.. py:module:: foo

foo module

.. autosummary::

   outer
   outer.meth
   outer.inner

.. rubric:: Classes

.. autosummary::

   outer

.. py:class:: outer
   :module: foo

   outer class


   .. py:class:: outer.inner
      :module: foo

      inner class


      .. py:method:: outer.inner.meth()
         :module: foo

         this is outer.inner.meth

         some description for *meth* method.


   .. py:method:: outer.meth()
      :module: foo

      this is outer.meth

この結果、以下のようなページが生成される:

../../_images/output.png

このへん自動的に生成してくれるautosummary, autodocは便利ですね!

長いモジュール名をautodocで短く表示したい

sphinx-users ML: autodoc option to generate rst files with only module names as section headers

Q. 深い階層にあるモジュールをautodocでドキュメント化するとセクション名にモジュールのフルパスが入ってサイドバーが大変なんだけど?

A. そのreSTファイルはどうやって生成しました?もしautosummary使ってるなら、 autosummaryのテンプレートカスタマイズ機能 で出力される内容をカスタマイズ出来るよ。

手元でちょっと試したところ、長いモジュー名がセクション名に設定されるのはautosummaryを使ったときだと思うんだけど、autosummaryで生成される内容は質問者が例示した内容にはならないんだよね・・・。どうやって生成したか書いてほしいなあ。

まとめ

Sphinxの質問やバグチケットの多くはautodoc/autosummaryまわりとi18n(翻訳機能)。これらの機能はそれだけよく使われているという事だと思う。