Date: 2014-10-31
Tags: sphinx, sphinxcon

SphinxCon JP 2014 で発表してきました #sphinxjp

../../_images/sphinxconjp2014-logo1.png

SphinxCon JP 2014 を開催しました

SphinxCon JP 2014 を、先日10/26(日)に開催しました。

イベントの報告は SphinxCon JP 2014 (2014/10/26) のページにあるので、そちらをご覧下さい。このblogでは自分の発表と、イベントについての感想を書きたいと思います。

開催した経緯

午前中の参加者は30名ほど。ハンズオンに20名、ハッカソンに10名という感じで参加していました。午後のプレゼン時間には43名くらいまであつまりました。

SphinxCon JP 2014

このイベントを企画したきっかけは、Sphinx関連の情報を発表する場が欲しかったけど PyCon JP 2014 ではSphinx関連の発表がまったく無かったため( 自分もPyCharmの紹介の方が採用された )、そういう場を作りたかったという感じでした。人数は30名前後集まればいいかな、と思っていたところ、もっと大きなキャパシティーの会場をVOYAGE GROUPさんでお借りすることが出来た感じです。募集人数50人に対して一時はキャンセル待ちも発生しましたが、43名なら想定以上のあつまりだったかな、というところです。

今回のイベントは、 http://sphinxjp.connpass.com/ で掲載しているSphinx Tea Night というイベントで立ち上がりました。Sphin Tea Nightは、ファミレスでお茶を飲みながらSphinx関連の雑談をする気楽な会ですが、そこで気楽に「やろうよ!」と言って、そこから進み始めた感じです。

出席率について

懇親会は参加者登録者数の7割かなー、と思って懇親会の注文数を計画しましたが、実際には以下のような感じでした。

  • イベント参加数: 24時間前の登録数の 7割

  • 懇親会参加率: 出席者の 7割

0.7 x 0.7 = 0.49 ということで、20%ほど予測を外してしまいました。無料イベントだというのと、日曜夜に懇親会だったというのが要因でしょうか。次はもうちょっとシビアに行こうと思います。

発表について

当日は、14時から7つのプレゼンを行いました。

SphinxCon JP 2014 タイムテーブル

  1. Welcome to Sphinx-1.3 (清水川)

  2. SIerでもSphinxを使いたい!総括 (kk_Ataka)

  3. SphinxとLaTeXで作る英文マニュアル (力武 健次)

  4. Markdownもはじめよう (高橋征義)

  5. Sphinx拡張 探訪 2014 (小宮 健 (@tk0miya))

  6. 検索エンジンOktavia (渋川よしき)

  7. Sphinx HTML Theme Hacks (shkumagai)

どのプレゼンも質問がよく出ていて、良いネタをみんなで共有できたんじゃないかと思います。今回のイベント開催にあたり、もっと多くの人に発表応募してもらっていましたが、その方々の発表もまた別の機会で聞きたいものが多かったので、またイベント企画しなきゃなあ、とも思ったり(いつやるんだろう)。

発表してくれたみなさん、応募してくれたみなさん、ありがとうございました。

自分の発表について

私も、先日リリースされた Sphinx-1.3b1 をベースに、 Welcome to Sphinx-1.3 というタイトルでプレゼンしました。

例によって、 sphinxjp.themes.s6 で書きました。ソースコードはbitbucketの /shimizukawa/sphinxconjp2014-welcome-to-sphinx-1.3 にあります。

LTについて

SphinxCon JP 2014

VOYAGE GROUPさん提供でビアバッシュをしながら、ライトニングトーク大会をしました。だれか話してくれるんだろうか、と思っていましたが、10個くらいのトークが行われて安心しました。

自分も、EuroPython 2014に行ったときに発表できなかったLTのネタで1個やりました。 そのLTスライドもsphinxjp.themes.s6で作っていたんですが、日本語で一度書いてから、Sphinxのi18n機能を使って英語に翻訳してスライド出力していました。多言語対応スライド。

まとめ

@usaturn, 座長お疲れ様でした!

参加された皆さん、発表者の皆さん、発表応募してくれたみなさん、会場を貸してくれたVOYAGE GROUPさん、ありがとうございました。

またやろう!

SphinxCon JP 2014