Date: 2017-02-09
Tags: sphinx

Sphinx Tea Night 2017.02 #sphinxjp

Sphinx Tea Night 2017.02 に参加しました。

参加者

@usaturn, @jbking, @shimizukawa

2014年1月から開催しているTea Night も4年目に突入。ほぼ出席してるので、30回ちょっと参加してるかな。場所は、市ヶ谷のガスト。12月までは市ヶ谷のデニーズでやってたけれど、デニーズが閉店してしまったので数件隣のガストで開催しているけど、ものすごい混んでて15分待ちとかなのであまりよくない。良い場所があれば教えてください。できればドリンクバーがあるところで。

話したこと.

  • MacではTexLive使えないの?(@usaturn) -> TexLiveにMac向けサポートを付けたのがMacTeXだった。

  • http://sphinx-users.jp はどこでホスティングしてるの?(@usaturn) -> S3

  • S3ってサイトのホスティングできるんだ!(@usaturn) -> はい

  • Sphinx 1.3, 1.4, 1.5 リリースのトピックってなんだっけ?(@usaturn)

    Sphinx-1.3 のトピックス

    • Python 2.5, 3.1, 3.2 のサポート終了

    • Python 3.4 サポートの追加

    • docutils 0.11 未満のサポート終了

    • docutils 0.12 のサポート追加

    • sphinx.ext.oldcmarkup 拡張の削除

    • "default"テーマを"classic"テーマに名前変更

    • 拡張追加: sphinx.ext.napoleon

    • テーマ追加: alabaster (新しいデフォルト), sphinx_rtd_theme, bizstyle

    • ビルダー追加: applehelp

    • 図表番号機能追加: 図、テーブル、コードブロックに自動採番

    • any ロール追加: 任意のドメインの任意の型を自動的にみつけてクロスリンク

    • :caption: オプションを code-block, literalinclude, toctree ディレクティブに追加

    • sphinx-quickstart コマンドラインにオプションを追加し、非対話モードを追加

    • 14の言語でステミングをサポート

    • i18nの改善: moファイルの自動コンパイル、uid計算をデフォルトで無効化、翻訳可能な範囲を拡大

    • 並列ビルドの改善

    Sphinx-1.4のトピックス

    • I18N: 画像ファイルの多言語化: language と figure_language_filename 設定

    • Config: suppress_warnings でwarningを選択的に抑制

    • Directive: glossaryディレクティブに索引キーを指定可能

    • Directive: imgmath (pngやsvgで数式出力, 従来のpngmathは非推奨に).

    • Builder: XeTeX と LuaTeXをサポート

    • Builder: dummy ビルダー追加: 文法チェック用

    • Builder: EPUB 3ビルダー追加 (experimental)

    • Search: 中国語の検索インデックス

    • Search: 日本語分かち書きアルゴリズムとしてJanomeを選択可能

    • Search: 日本語のsplitterをカスタマイズ可能に

    • Domain: cpp ドメインの改善

    • Ext: GitHub Pagesへドキュメントを公開する sphinx.ext.githubpages を追加

    • Ext: セクション名にリンクできる sphinx.ext.autosectionlabel を追加

    • API: Sphinx.add_source_parser() 追加: recommonmark 等を設定して任意のテキストをSphinxソースに利用可能

    • 画像サイズを取得するために imagesize パッケージを使用し、PIL/Pillowがなくても動作します

    Sphinx-1.5のトピックス

    • Python 2.6, 3.3 のサポート終了

    • IE 6-8, Opera 12.1x, Safari 5.1+ サポートの終了(jQueryを1.11.0から3.1.0へ変更)

    • Sphinx-1.6で削除される非推奨関数等の利用時にwarningを出力

    • sphinx-quickstart: Makefile/make.bat の内容がシンプルになった(make-mode)

    • sphinx-quickstart: --extensions オプションの追加(拡張の有効化指定)

    • Builder: latexビルダー周りの大幅な改修

    • Builder: 日本語のPDFもlatexpdfで生成できるようになった

    • Builder: epubビルダーはepub3を生成(従来の実装はepub2ビルダーへ改名)

    • Builder: linkcheck用の tls_verify, tls_cacerts 設定の追加

    • Domain: cpp ドメインの改善

やったこと.

  • Sphinxをはじめよう の改訂作業

    改訂しようという話が進んでいるので、原稿の確認と自分の担当範囲の整理をしました。

    2013年9月のPyCon JP に合わせて初版リリース、 2015年11月のSphinxCon JP に合わせて改版をしたこの本もそろそろアップデートが必要な時期ですね、ということで。

  • http://docs.sphinx-usres.jp/robots.txt を置いてドメインを検索から除外

    本家サイト http://www.sphinx-doc.org/ja/stable に日本語訳を相乗りしています。 このため、sphinx-users.jpドメインでSphinxドキュメントの日本語訳を置く必要はなくなりました。 ということで、検索されないようにdisallowしました。

    @jbking が「"Sphinx 多言語" でGoogle検索すると古いドキュメント(docs.sphinx-users.jp)がヒットするのが困る」と言うので、サクッと対応しました。

  • http://sphinx-usres.jp/robots.txt を置いて/doc10, /doc11を検索から除外

    既にSphinx-1.5まで進んでいるので、いまさら1.0や1.1のドキュメントはあってもしょうがないですね。ということで検索されないようにdisallowしました。 docs.sphinx-uesrs.jp の件で思い付いてついでに実施。